Perfumeとその他
時々Perfumeじゃないことも考えています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


某記事のパロディ

素敵な記事にアクセスしてしまって、
負け試合は悔しいので若気の至りで書きました。


コピー画の本家は真っ青!?油絵画家の歌川広重模写が神レベル!

10月に入り、「雨の中橋をわたる人の絵」「梅の絵」といった有名な絵の噂が街角から聞こえてきたら、

その描き手はおそらく本家の歌川広重ではない。



死後はキラードローウィング「ひまわり」をヒットさせ、日本でも印象派好きの大人らを中心に大人気、

オランダ出身の油絵の超絶画家、フィンセント・ゴッホ。彼が1887年にリリースした絵画「ジャポネズリー」のひとつとして、

なんと歌川広重の浮世絵を油絵で描いていることが話題となっている。



「すでに画廊にもアップされていますが、初めてという木造の橋の構造もハッキリ描かれていて、

さすがと思わせるクリアでダークな筆の走りですね。もともと日常の風景などを油絵で描き、

それが展覧会で人気を博す(死後)など、その生い立ちを含む画風でどんどん有名になっていった(死後)画家。

印象派に属していますが、柔らかな色使いというより、ストロングでヘビーな油絵で重々しく、

彼の絵は日本でも印象派の展覧会で必須アイテムになっているようです」(絵画ライター)



そんな有名画家が歌川広重のヒット作品を描くとなれば気になるのは当然だが、

すでに目にしたファンからは「神レベル!」と称賛される一方で、ちょっとした嫌味も飛び交っている。



「こっちのほうが1億倍絵の具感ある!!って当たり前か」

「本家は版画なのに申し訳ない」「広重は自分で彫ってないよね(笑)」

「展覧会はゴッホを出して、広重の絵はチラシにすればいい」

など、本家の真骨頂であるコピー画パフォーマンスを揶揄する声がかなり多いのだ。



「歌川広重や葛飾北斎の絵は、製作者の彫師や刷師が作業場で色まで全て加工して仕上げますから、

実際に彼らは掘ったり色付けしたりはできません。

ところが本物の絵のプロにかかると、あの版画風のタッチまで絵の具で再現しているからスゴイですね」(前出・絵画ライター)



皆さんもぜひ一度、ご拝見あれ!

(すぺ いさ~)


みたいな。話だと思いました。
両方のジャンルでは傑作だわ!

多少知識の及ばないところは美術関係の皆様お許し下さい(前出:絵画ライター)


P.S.
この記事を書こうと検索している途中素晴らしいブログ記事を発見しましたので引用させていただきます。

良いカバー悪いカバー(音の涙・バンドやベースの初心者ガイド)
http://www.oto-namida.com/275


今回のペンタトニックスのカバーはこのブログに書かれている「カバーの良いところ」全部集めてると思います。
さっいこう!(あ~ちゃん風に)


 spacerでした。


スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。